ACG でエンジョイしている学生と先生にインタビュー♪


〜多文化の生徒が学校生活を楽しんでいます!〜
a0315876_07341359.jpg

中国から来た学生、ジェイムスさんは、他の国から来た学生がACGカレッジに慣れ、
適応できるようにサポートを務めています162.png

彼は新しい国外の学生を受け持ったり、他の現地の学生メンターとペア組をしたりし、手助けを行なっているそうです

「いつも僕が考えているのは、もしあなたが現地の学生と絡む機会があれば、ぜひランチに行ってみたり、アクティビティに加わってみたりしてください!!英語を話すのに慣れるのも、上達するのも早くなるはずです!」と語ります。


ちなみにスタッフ募集を募ってからは、
彼と同じようにインターナショナルの学生を手伝いたい!という現地の学生で殺到したそうです113.png


〜中国の学生Charles Ouyangさんにインタビュー♪〜

a0315876_07352380.png


?ニュージーランドの学校は中国とどのように違うのですか?

162.png ①僕は中国の教育現状を知っているのですが、もっとも大きな違いは教え方、そして学び方です。

中国では必死に勉強するのは最終試験の前だけですが、こちらのニュージーランドの学校では先生たちは試験だけでなく常に生徒に様々な分野を学ばせ、興味があれば新たな教材も提供します。


②教室のサイズはかなり違います。中国では40人や60人のクラスも存在しますが、ニュージーランドでは15人から25人です。

もちろん、少人数制のクラスは先生が一人をより長く見ることができるし、生徒も意見を発言をする機会をより多く与えられることができます。



?ACGの好きなところはなんですか?

162.png スタッフも学生もものすごくフレンドリーです!笑顔が絶えないし、みなさんいつも助けてくれます。ホスピタリティに溢れたスタッフで、2mある自分の身長について話しかけられることもよくあります。


〜ジャカルタでInternational Baccalaureate (国際バカロレア) を教える研修がおこなわれました〜

a0315876_07355440.png


(国際バカロレアとは、3歳~19歳までの総合的な教育プログラムを開発・提供しており、課程で成長段階や進路に合わせた4つのプログラム(PYP、MYP、DP、CP)が提供されています)


先生が4人、スキルアップの目的でホリデー期間中、ジャカルタを訪れました!



参加者は世界中から、違う科目の500人もの先生でいっぱいだったそうですよ113.png165.png



ジョーンズさん「仕事のアイディアをたくさん得て帰ることができました!

想像性のあるコースに変えていく熱心な気持ちも生まれました。

参加したメリットは三つありました。


①他の先生に会って情報をシェアできたこと

②具体的な教え方を交換できたこと

③生徒同士で学ばせる方法を学習できたことです!」と話してくれます。



また、デイビズさんはACG Senior Collegeで働くことに決めた理由が、IBを教える機会があるから、だったそうです147.png



「IBの良いところは、学生がグローバルな人材として成長するのを助けられるところです。」

トレーニングを終えてからは、学生からの質問ベースの授業に切り替えたそうです。

国際的なマインドと、物事の本質をわきまえ理解し議論する

そういったマインドが私の授業では重要視されます」ということでした102.png


ここ、ACG Senior CollegeはIB Deplama ProgrammeをNewzealandで

提供している13校のうちの一つです。IBを受講する学生は増えており、

今年はCambridgeよりも受講する生徒が多かったそうですよ147.png165.png



興味がある方は是非♪


もっと、
ACGの事について知りたい方は、
こちらまで 035.gif



 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ニュージーランド留学なら
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


[PR]

by nz-ryugaku | 2017-12-07 06:16 | +ACG | Comments(0)  

<< 今年度も残すところわずか☆☆G... ウェリントンの高校Onslow... >>