11歳から入学可能! NZLC

オークランド語学学校の
New Zealand Language Centres
(ニュージーランドランゲージセンター:NZLC)

の情報です!!
a0315876_11423977.jpg

ハーバーまですぐ!の30周年を迎えたこちらの学校、「英語のデパート」と言えるほど様々なコースが用意されています!!

その中でも特に気になる
「Young Learnersコース」、
「IELTSコース」、
「English Teacher Trainingコース」

の3つをご紹介したいと思います!

学校入ってすぐのレセプションはこちら060.gif
a0315876_11431466.jpg

まずはこちらの学校最大の特徴、
「Young Learnersコース」
から参りましょう072.gif
なんとこちらのコース、11歳から入学可能なんです!
11歳からの受け入れはとっても珍しいんですよ!
若い頃から英語を現地で覚えさせたいと思っているお母さん、ニュージーはアメリカやロンドンなどと比べてリビングクオリティが高く、英語圏では1位を誇ってるんです!
さらに費用もお安くすみますし、安全面、費用面を考えたら11歳の子供を送り出すにはこちらの学校が安心ではないでしょうか??
親子で留学を考えてる人には家族割りもあり、お得ですよ~~072.gif
a0315876_11434244.jpg

さらに、こちらの学校アクティビティにもとっても力を入れています!
生徒からのリクエストにも柔軟に対応し、たくさんの情報が掲示板に貼り出されていて、勉強ばっかりじゃストレスがたまる・・・というお子さんも、月~木の放課後常に何かしらアクティビティが開催されているので、息抜きできますよ~~056.gif

そして金曜の放課後は無料でTOEICの試験対策を教えています!
無料って魅力的ですね060.gifぜひぜひ活用しましょう!!
a0315876_1144971.jpg

掲示板中央にある緑のチラシ、これはボランティア活動のインフォメーションなんです。
NZLCではリサイクルや緑を守る・・・なんていった地球に優しい活動も行っているんです056.gif001.gif
a0315876_11443841.jpg

アクティビティやボランティアに参加した楽しい思い出の写真が掲示板に貼り出されていて、次はこれに参加したい!って気持ちにさせてくれるはず049.gif006.gif

パソコンルームは至るところにあり、ずら~~~っとPCが並んでいます。
a0315876_1145828.jpg

キッチンもとっても広く、おしゃれな作りになっています016.gif
a0315876_11452737.jpg

a0315876_11454220.jpg

この教室でオリエンテーションなど行います071.gif
a0315876_1146512.jpg

高校前のクッションとして「Young Learnersコース」の利用はおすすめです006.gif060.gif

「IELTSコース・English Teacher Trainingコース」の紹介はこちら072.gif
→「IELTSコース・English Teacher Trainingコース」

NZLCの学費一覧などはこちらも参考にしてください
NZLC詳細情報

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ニュージーランド留学なら
ニュージーランド留学センターまで!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

[PR]

# by nz-ryugaku | 2013-11-18 12:12 | +NZLC | Comments(0)  

Queens Academic Groupで苦手克服!!

今回紹介する学校は、
QUEENS ACADEMIC GROUP
(クイーンズ・アカデミック・グループ)


とにかく安くて、バリスタの国家資格がとれる学校!!

校舎はQueen Streetにあり、とっても便利049.gif
建物の5階が英語コース、8階が専門コースとなっています。

ではでは、早速英語コースから見ていきましょう。
エレベーターを使い、5階に向かうと、まずレセプションがあります。
ゆったりとくつろげる空間です。
a0315876_12525178.jpg


英語コースの特徴は、自分の苦手なところを重点的に学べる!という点。
どういう事かというと、毎週木曜日1:30~は選択授業になっているんです。
予約の必要なし!!
そのまま自分の受けたい授業のある教室に向かえばいいそうです。

またもう一つの特徴として、入学費&教材費なし!!
だからとても安い

お昼時間は食堂で生徒達が会話を楽しみながら食事を取っていました063.gif
a0315876_12533865.jpg

キッチンも広々としていて、電子レンジも4台!
人が多くても持参したお弁当を温めるのに、時間はかからないですね。

パソコンもいつでも使用可能です。
8階ではWi-Fiが利用できます062.gif
a0315876_1254772.jpg


それでは、次は8階の専門コースへ072.gif
レセプションはこんな感じ。
a0315876_12544153.jpg


専門コースには、ビジネスツアリズムITエレクトロニクスホスピタリティーがあります。
専門コースを終了した後の就活サポートもしっかりしている。
5階には仕事についての掲示板が設置されていて、仕事の紹介や、仕事が決まった生徒について紹介してある006.gif
a0315876_12552323.jpg

校舎内はとても綺麗です056.gif
a0315876_1256022.jpg


生徒たちについて行くと、そこには開放的な食堂が!!
キッチンも綺麗に使われていました049.gif
a0315876_12563075.jpg


Queens Academic Groupでは、バリスタコースも行っています。
期間は4週間
ただ人数の関係で日程が変わることがあるので、ご注意を。

このコースの特徴として、HSIバリスタ(NZQA認定)国家資格を取得することができます!
 資格を取得した場合;
レストランやカフェで使える内容を身に付けられる
ホスピタリティー業界への就職に有利


このようにQueens Academic Groupには、英語をはじめ、専門からバリスタまで学べる環境が整っています003.gif

Queens Academic Groupの授業料や学校詳細はこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ニュージーランド留学なら
ニュージーランド留学センターまで!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

[PR]

# by nz-ryugaku | 2013-11-15 13:35 | +クイーンズ・アカデミック | Comments(1)  

お金に関して

日本から持ってきた大金をずっと財布に入れて持ち歩くのは不便ですし、治安的にも不安ですよね。
今回はNZで生活するにあたってのお金に関する情報、現地の銀行を利用したい人への情報を載せていきたいと思います。

NZではお金の支払い方法が主に3つあります。一つはもちろん現金。もう一つはクレジットカードですVISAMasterCardであれば大抵のお店で使うことができます。

最後の一つが最大の特徴といって良いEFTPOSという方法で、現地銀行のキャッシュカードから口座にある金額までを自由にレジで決済できる方法です。口座の残高はその取引後すぐに反映されます。
言ってしまえば現金を持ち歩いたり、口座から現金を引き出さなくてもキャッシュカード一枚で商品を買うことが出来る訳です。

もちろん口座の残高内での取引しか出来ませんので、後々に請求が来るといったトラブルもありません。001.gif

EFTPOSはほぼ全てのお店やレストラン、タクシーまで使え、現地の人はこのEFTPOSを中心に買い物をしています。

口座には2つの枠がありCheckとSavingがあります
Checkは当座預金のようなものですが、日々細かく使うお金はCheckに入れておきましょう。給料もそこに入る仕組みになっています。
Savingは預金しておくと利息がつくもので日本から持ってきたお金を預金しておくのに使いましょう。
2つともEFTPOSとして使えますし、実際に現地で買い物をしたときにイメージが出来るかと思います006.gif

ワーキングホリデーでは銀行口座の開設が必須ですし、留学費用を日本から送金してもらう際にも現地銀行の口座は持っておいて損はないと思うので長期滞在を考えている方は是非口座開設を考えてみてください。019.gif




それではその口座を開設するにあたっての情報に入りたいと思います。
NZの銀行は大きく4つあります。ANZASBWestpacKiwibankです。

口座開設に必要なものがあります。
パスポート
現地での住所を証明できるもの(例、本人宛の郵便物の伝票や現地の運転免許証)
ビザ(半年以上の有効期限)
その他に学校に通っているのであればそこの学生証もあると便利だと思います。

必要なものをもって直接銀行へ、口座開設の旨を伝えましょう。
英語が不安という方にはもちろん代行をしてくれる日本人エージェントさんや会社がありますし、語学学校にはそういったサポートをしてくれるサービスもあります。
2週間程でキャッシュカードが指定した住所に届きます。
そのカードを持ってもう一度銀行に行き、暗証番号を設定してください。その後すぐに使うことが出来ます。

※NZでは通帳といったものが存在しません。その代わりに毎月残高情報や取引が載った書類が郵便で送られてきます。
a0315876_11321333.jpg




お勧め口座プラン取引手数料一覧
それぞれの銀行に関してお勧め口座プラン取引手数料に関して比較してみました。
ANZ
口座プラン・・・Go account
維持手数料・・・無料
ATM、EFTPOS取引手数料・・・無料
窓口での取引手数料・・・$3
オンラインバンキング手数料・・・無料
※支店が東京、大阪、名古屋にあり、口座開設の手続きを日本で行うことが出来ます。
※オークランド支店では日本人スタッフ在住。

ASB
口座プラン・・・Streamline
維持手数料・・・$3.5(明細の郵送を停止すると無料)
ATM、EFTPOS取引手数料・・・無料
窓口での取引手数料・・・$3
オンラインバンキング手数料・・・無料

kiwibank
口座プラン・・・Free Up
維持手数料・・・無料
ATM、EFTPOS取引手数料・・・無料
窓口での取引手数料・・・$2
オンラインバンキング手数料・・・無料

Westpac
口座プラン・・・Student Pac
維持手数料・・・無料
ATM、EFTPOS取引手数料・・・無料
窓口での取引手数料・・・無料
他の銀行での取引手数料・・・$1
オンラインバンキング手数料・・・無料

※オンラインバンキングとはインターネット上で残高を管理出来たりCheckとSaving間の残高を移動させたりするものです。その他様々なサービスをウェブサイト上で行えるサービスです。

NZへ旅行ビザで滞在される皆さん(半年以下の有効期限)は口座開設はASBバンクで行って下さい。
他の銀行では6ヶ月以上のビザが必要などの条件があります。

4つの銀行ともに決定的な差は無かったので、お住まいに一番近いATM機や支店がある会社にしましょう笑
なぜなら全ての銀行がそれぞれ他社のATM機を利用するだけで手数料が発生してしまうからです。
a0315876_11333791.jpg
ANZのATMです。各社それぞれのATMがあります。


帰国の際にはトラブルを防ぐ為に口座の解約を忘れないようにしてくださいね001.gif




日本からNZへの送金に関して
特に学生さんに多いですが滞在者のご家族が日本からNZへ送金するときに利用できるサービスを紹介したいと思います!

<KVB>
仲介手数料が無料です!
日本から銀行を通じてKVBの口座に送金し現地の口座に入金される仕組みになっています。
何といっても強みはオークランドに日本人スタッフのいる支店があることです。電話での対応も日本語です!緊急のトラブルの際に心強いですね001.gif
(日本の銀行からKVBへの送金の際に手数料がかかります)
ウェブサイト http://www.kvbkunlun.com/jp

neomoney
海外で使えるキャッシュカードが日本で発行できます!
NZのATMからNZドルを引き出せるキャッシュカードを作れるサービスです。もちろん日本からそのカードに再入金する事も出来ます!口座維持手数料無料です!
ウェブサイト http://www.neomoney.jp
(詳細や登録に関しては各社ウェブサイトにてご確認ください)



日本を離れる前にこういったサービスで緊急時に備えることも大切だと思います!是非参考にされてみてください003.gif





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ニュージーランド留学なら
ニュージーランド留学センターまで!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

[PR]

# by nz-ryugaku | 2013-11-15 07:34 | ニュージーランド生活情報 | Comments(0)  

NZで日本食を作ろう!!

NZに留学、ワーキングホリデー等、長期滞在者の誰もが直面するお金の問題・・・
最大の悩みは毎日の食費ではないでしょうか。
食費を抑えるには自炊が欠かせません。
自炊をしなくちゃ、、、ホストファミリーに日本の手料理をプレゼントしたい、、、でもどこで日本の食材が買えるの?という方々のために今回はオークランドで日本の食材を購入する事のできる日本食料品店をまとめてみました。気になるお米の情報もページ下部にありますのでぜひ参考ください049.gif


ニュージーランド最大級の日本食料品店
Japan Mart
ニュージーランド最大級とあって一般的に必要なものはすべて網羅していました!!
a0315876_12553142.jpg
a0315876_13121856.jpg
出汁やスープの素だけでこんなにたくさんあると心強いですね(^_^)
a0315876_13105355.jpg
お菓子の種類、値段は日本のコンビニと変わらない印象でした!
a0315876_13173964.jpg
冷凍保存できる冷凍食品も品揃え多数です。写真ではほんの一部、しか載せることのできない程大きいものでした。

ここに無いものは通販しかないかもしれません笑というほどの商品の充実さでした。NZ内に3店舗ありますのでお近くのお店にどうぞ006.gif

営業時間  平日10:00~19:00 土日10:00~18:00
ウェブサイト japanmart.co.nz









Mt Edenにある日本食料品、雑貨店
JAPANESE 生活良品
。様々な食器や雑貨、バラエティ豊富な日本の食材が並び、日本の雰囲気が漂う店内には来店者の90%以上が地元の住人というKiWiの人たちも利用する魅力がありました!!
a0315876_8315299.jpg
     
a0315876_8363093.jpg
もちろん基本的な調味料などはしっかり扱っていました!
a0315876_832587.jpg
マヨネーズから焼き肉のたれまで所狭しと並んでおり、所どころに商品に関して地元の方たちへの説明が英語でついていて地元の方々の利用が多いことがわかりました。
a0315876_8334258.jpg
取材当日はセールもやっていました!あるとうれしいものばかりですね019.gif

営業時間 月~日 10:00~19:00
住所  75 Dominion Rd., Mt.Eden, Auckland
電話   09-638-8038
アクセス  Queen Stからバスで10分弱 Dominion RoadはMt Edenのメインロードなので分かりやい いと思います001.gif









私たちにとってなくてはならないお米
日本産日本ブランド(コシヒカリ等)は1600円と日本の一般的な値段の2倍から1.5倍の値段です。
また日本の品種で外国産のお米もよく売られています。
Japan martさんの8NZD(富士桜)がオークランドで最安値でした!!
上記で紹介したお店で購入する事ができます。(レートや価格は2013年11月現在で1NZD=80円で計算)


品質よりも値段!という方、、、NZのスーパーで購入する事ができるオーストラリア産のお米その名もサンライス
a0315876_10181796.jpg

もちろん品質や味では日本米にはかなわない部分もありますが、何といってもその安さ!5Kgで11NZD前後と5分の1の値段で買うこともできます。サンライスといっても様々な種類がありますので、ミディアムグレインというタイプが日本米と食感、形が最も近いタイプであると思います。一度試してみる価値ありです!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ニュージーランド留学なら
ニュージーランド留学センターまで!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

[PR]

# by nz-ryugaku | 2013-11-14 10:35 | ニュージーランド生活情報 | Comments(0)  

オークランドからすぐ行けるランギトト島!

a0315876_09583919.jpg
ニュージーランドといえば綺麗な自然がとても印象的!
特にオークランドに滞在して感じるのは、ものすごく海が澄んでいる!

今回私がおすすめするのは、そんな海をフェリーで堪能しながら、短時間で行ける  ランギトト島。 
本当に自然そのまま!!
ランギトト島は火山島で、至る所にごつごつした溶岩を見つけることができます。

到着したら、島の頂上を目指して、ひたすら歩くだけ。
自然を眺めながらのウォーキングは、全然苦痛を感じません。

そして、なんといっても頂上からの景色
綺麗な海、オークランドの街並み、オークランドハーバーブリッジのすべてを望むことができるんです!

ランギトト島は、ちょっとした休日にでも気軽に行けるので、おすすめのスポットです。
ただ、注意したいのは、ランギトト島には店がないので、事前に食料、とくに飲み物をきちんと準備してください。  荷物はなるべく軽くして、服装は歩きやすい服装で行くといいでしょう。

ランギトト島行きのフェリーの情報(時間、料金など)は下のURLを参考にしてください。 http://www.fullers.co.nz/tickets-fares/timetables/rangitoto-island.php         フェリーの便数は少ないので、事前にしっかりと予定を立てていくことをおすすめします。
もう一つ注意することは、ランギトト島からオークランド行きのフェリーは午後5時が最終なので、その点も考慮して準備しましょう。



[PR]

# by nz-ryugaku | 2013-11-14 10:01 | NZおすすめスポット | Comments(0)