ACGで夢を叶えた卒業生の声をご紹介☆

ACG卒業生の熱いストーリーをお届けします174.png





Jiyoung AN | Success Story NZMA

NZMA校のクッカリーコースを卒業したJiyoung ANさん。

Jiyoungさんは日本食とフランス料理を得意とし、現在はフランス料理店でシェフとして働いています。
料理をする事が大好きなお母さんに影響を受け、7歳から料理を始めたJiyoungさんは、
その頃からシェフになることがずっと夢だったそうです。
そんなJiyoungさんは、ニュージーランド最大の調理の大会にて優勝し、奨学金を得てマネージメントを学びにスイスに旅立つ予定です。
旅が好きで世界中の人と友達になることを楽しみにしているというJiyoungさんは、
旅で訪れた国々の文化を理解し、沢山の人と出会う機会は私の料理にいつも素晴らしい影響を与えてくれます。」と語っています。
彼女の料理に対する情熱をとても感じますね。








NSIA校のクッキング&パティシエコースを卒業したShirley Xue Li さん。

NSIA校へ入学する前は、母国である中国で電気系の会社で勤めていたというShirleyさん。
料理をする事が好きという思いがシェフになりたいとう夢になり、勤めていた会社を辞め希望を持ってニュージーランドに来たそうです。
語学学校で英語を学んだのち、ACGに入学し沢山の事を学び、成長したと言うShirleyさんはNSIAで得たことをこのように話します。
NSIAで学んだこと全てが、調理のベースとなり、また新たな発見を生み出してくれます。
自分がやりたいと思うことはやってみると良いでしょう。
その挑戦は必ずあなた自身を成長させてくれます。私はNSIAで得た経験が私をそう思わせてくれるのです。
現在オークランドのホテルでシェフとして働くShirleyさんは今も尚、ホテルのキッチンで沢山の学びがあるそうです。
輝かしいShirleyさんの料理をしている姿が思い浮かびますね。









Yoobee校で3Dプロダクションコースを卒業したインド・デリー出身のArun Biswasさん。

インドではコンピューターアプリケーションについて学んだのち、映像作成に興味を持ち留学生としてニュージーランドに来たそうです。
Arunさんは、Yoobee校在学中に2013年グループプロジェクトのコンテストで優しました。
またその後1年間、コンテストのファイナリス達とグループを組みプロジェクトを行なった際は
多くのことを学び、とても価値のある時間を過ごしたと言います。
そんな素晴らしい成績や経験を持つArunさんでも卒業後は中々就職先が決まらず、
その際はサポーター方に助けてもらったという苦労も語っています。
現在、会社をアピールする映像の作成に関わる仕事をしており、Yoobee校で学んだこと全て役に立っている事、
またこの会社で自分のスキルがさらに向上している事を実感しておりYoobee校を選んで良かったと話します。
もしかしたら皆さんもどこかでArunさんの映像を目にしているかもしれませんね。










Diploma校のプロダクションデザイナーコースを卒業したSofia Blueさん。

Sofiaさんは2013年の卒業後メイクアップの世界大会で優勝し、
2015年のボディアートの大会でも優勝を勝ち取るという
輝かしい成績を持っています。
現在はメイクアップの大会で審査員をしていた方に仕事を提供してもらい、
カナダに移り住みメイクアップアーティストとして多くの映像の現場に関わっています。
そんなSofiaさんにとってDiplomaは彼女のキャリアのスタート台として、
毎日良い刺激を受けながら集中して学ぶ事ができた、忘れられない時間だそうです。
2018年に行なわれるボディアートの大会で2度目の優勝をめざすSofiaさんは、
情熱を持っていることが仕事になったときは、それが仕事だと思うことはない。私はそれを見つけられてとっても幸せです。」と言います
何かに打ち込むことは、良い結果が現れることをSofiaさんは教えてくれていますね。




このような環境に身を置いて学ぶ事は

4名の卒業生のお話のように

沢山の経験が期待できますね。





興味がある方は是非♪


もっと、
ACGの事について知りたい方は、
こちらまで 035.gif



 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ニュージーランド留学なら
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


[PR]

by nz-ryugaku | 2018-02-15 06:27 | +ACG | Comments(0)  

<< Dominion Englis... 世界が注目👀C... >>